新潟市のいしざき整骨院 HOME > 症状別ページ > 四十肩・五十肩にお悩み方へ

症状別ページ

▼ 四十肩・五十肩にお悩み方へ

【四十肩・五十肩ってなに?】
肩が痛い.jpg

四十肩・五十肩の正式な病名は「肩関節周囲炎」といいます。発症する方のほとんどが四・五十代のため、俗称として『四十肩』や『五十肩』と呼ばれています。

多くの人が一度は聞いたことのある病名だとは思いますが、いまだにはっきりとした原因は分かっていません。「使いすぎ?」「加齢によるもの?」「ホルモンバランス?」「自律神経?」色々と言われていますが、これらが複合してなると考えられています。もう一つ不思議なことは、おたふく風邪のように一度しかならないということです。


【五十肩・四十肩の症状】


ある日突然に肩を動かした際に、一定の角度から動かなくなり痛みが出るようになります。また、夜中になると何もしていないのに痛んで目が覚めてしまう「夜間痛」が出る方もいます。

症状の出始めは徐々に動きが悪くなったり、痛みが強くなったり、症状が進行していくことが多いです。

「重いものを持ち上げてから痛くなった」「転んで手をついた」「犬に手を引かれて肩を捻った」など、何かきっかけがあった場合は肩の筋肉を傷めてしまった可能性があるので、五十肩と区別しなければなりません。


【痛くなったらどうすればよいの!?】

意外かもしれませんが、五十肩は放っておいてもそのうち痛みは引いてきます。しかし、何もしないと「痛みはとれたけど、動かない・・・」こんなことに、なる方もいます。また、長い方で痛みが取れるまでに2年かかる方もいます。このようにならないためには、リハビリが必要になってきます。

五十肩で肩が動かなくなる大きな原因は「癒着」です。肩の関節の周りには多くの筋肉があります。この筋肉同士、もしくは筋肉と関節の周りの靭帯などの組織の間の滑りが悪くなってしまったり、くっ付いてしまったりすることによって肩が動かなくなってしまいます。さら「癒着」によって長く動かない状態が続くと、筋肉や関節の周りの組織が縮んできてしまい、なおさら動きが悪くなるのです。

早く改善していくにはこの悪循環を断ち切らなければなりません。そのためこの「癒着」を取り除くことがリハビリの中心となります。注射や薬は痛みを抑え込むだけで、いくらやっても動きは戻りません。そればかりか、注射は針を刺す部分が出血するので癒着をひどくする可能性があります。

肩リハビリ.jpg

では、具体的にはどのようにしていくと良いのでしょうか?簡単に言うと「痛いかどうか位の範囲で動かすこと」です。この時に痛みを我慢して強く動かしてしまったり、無理に動かしすぎてしまったりすると筋肉がこわばってなおさら動かなくなってしまうので注意が必要です。自分で簡単に行えるのは、仰向けになってのバンザイです。痛くないほうの手で痛いほうの手首あたりを持って力を抜いて行うと良いでしょう。お風呂上りなど、温めてから行うと動かしやすいです。


しかし、動きが悪くなっている方は専門家の施術を受けながらセルフケアをしていくことをお勧めします。目安は腕が頬より上がらなくなったら自分だけで改善していくのは難しいと思われます。

バンザイ.jpg

当院では癒着部を見極めて癒着を剥がす手技を用いて動きを出しつつリハビリを進めていきます。五十肩をなるべく早く治したい方や、症状が強く日常生活にお困りの方はご相談ください。

■所在地 〒950-2162 新潟県新潟市西区五十嵐中島4-22-51 ジュネスⅥ・A
■行き方 JR越後線「内野西が丘駅」徒歩10分/バス停「新潟西高校前」下車後すぐ!